借金を整理する方法には何がある?

借金の返済が苦しく、精神的に疲れていませんか?
家賃や食費、雑費の出費と借金返済のことが頭から離れ無いようなら、借金を整理するのが良いでしょう。

 

借金の整理とは、何も物理的に片づける訳ではありません。
ここで言う借金の整理は、借金している金額を減らすと言う意味があるのです。
借金を減らせる訳がない、そんなことが出来るなら誰でも行う、そう考えると思います。
断言します。その考えは間違いであり、借金の減額は法律的に正しい方法によって減額が可能なのです。

 

借金を整理する方法として、主に3つの方法が存在します。
少額の借金に最適な任意整理、仕事をしている人なら個人再生、借金返済が不可能な状態なら自己破産です。
任意整理や個人再生では、借金を減額し今後発生する利息を支払わなく良い状態にします。
借金で困っている人の多くが利息の支払いに苦慮している事実があるため、利息が発生しない状態になるのは高いメリットでしょう。
自己破産は有名なので知っていると思いますが、借金をチャラにする代わりに財産をほぼすべて失う最終手段です。
ですが、借金の減額には最終手段である自己破産の前に、出来ることがあるのです。
任意整理や個人再生で返済が可能ならば、財産を手放す必要が無いので有効的に活用しましょう。

 

繰り返しますが、これは法律で定められている借金整理の方法です。
主に弁護士や司法書士と言った法律を専門家に依頼して行うため、犯罪性は皆無だと認識してください。
借金を減らす、そんな魔法が存在するのかと疑問に思うなら、真実を知るために弁護士や司法書士の事務所へ無料相談へ行ってみると良いでしょう。

 

借金をしてしまう理由は人それぞれですが、多くの場合は生活費に困って仕方なくしてしまうものです。
保証人になったばかりに莫大な借金を背負う人も居るでしょう。
そんな重たい借金はなるべく軽くするのが得策です。
借金を整理すれば完済が近付くので、返済に困っている人は利用してみてください。

 

弁護士や司法書士へ相談するのが不安に感じる人は、借金の相談に乗ってくれる法テラスに電話してみるのも良いでしょう。
国が開設する窓口なので無料ですし対応も丁寧です。
提携する弁護士も紹介してもらえるので便利なのですが、弁護士の質が悪いケースが少なからずあるようなので、一定の外れを引くリスクは知っておきましょう。
少し手間はありますが、なるべく自分で弁護士に無料相談を行う方が良いのは間違いありません。

借金を整理すると家族や会社にばれる?

借金を整理する手続きを行えば、返済する金額を減らすことができます。
この借金整理を行った時に、家族や会社にバレてしまう可能性を気にする人も居るでしょう。

 

家族に内緒で借金をしていたり、会社での立場を悪くしたくなかったりすれば、気になるのは当然です。
結論から言うと、誰にもバレずに借金の整理はできます。
秘密裏に借金を減額し、身軽な状態に戻るのは不可能ではないのです。
ただし、これは借金整理の依頼相手である弁護士や司法書士へ事前に相談しておかなければなりません。
借金しているのが発覚するのは電話や郵便物なので、その点には配慮してもらう必要があります。

 

しかし、状況によっては家族に伝えなければいけない場合も出てきます。
任意整理を行うのであれば秘密にしたまま借金減額が可能ですが、個人再生や自己破産は裁判所の手続きや各種制約が生まれるので、いずれは発覚してしまうでしょう。
特に借金の保証人が家族の名前になっているものは隠し通すのが難しいです。
自己破産であれば財産のほとんどを売却するので、家族には事前に話しておく方が無難です。

 

会社に至っては、まず発覚することはありません。
自分自身で情報を漏らしてしまわない限り借金を知られることは無いので安心してください。

 

この時、家族にバレるのを恐れて借金の整理方法を変えるのは止めましょう。
借金返済が苦しくなっているからこそ、借金の整理を考えているはずです。
返済できない借金を抱えていても、精神的に苦しい時間が長引くだけではないでしょうか?
借金の整理を行うと、数年は他の手段で整理を行えなくなるので最初の決断は重要です。
だからこそ、借金はなるべく減額する方法を選ぶようにしましょう。

 

こうした気持ちを抱くのは珍しいことでも何でもありませんので、弁護士や司法書士に相談すれば秘密裏に手続きを進めてくれます。
発覚してしまう恐れがあるなら、その話を事前にしてくれるので聞くようにしましょう。

 

借金の問題は誰にも知られたくはありませんが、減額して負担を減らすためだと思い覚悟を決めてください。
家族には発覚する場合が少なからず存在しますが、会社には高確率でバレません。
大きな問題になる前に借金を整理してしまいましょう。
借金返済に悩んで落ち込んでいる状態の方が、よほど変な注目を浴びかねません。
すっきりと身軽になって健康的な生活を送れるようにしてみてはいかがでしょうか?

借金整理の費用はどのくらい?

借金の整理には主に3つの手段がありますが、これは無料で行えるものではありません。
弁護士や司法書士に依頼するのが一般的なため、報酬を支払う必要があるのです。

高額な報酬をイメージするかもしれませんが、借金整理の方法によっては安い金額で行えるので心配しないで大丈夫です。

 

まず、任意整理の費用について紹介します。
司法書士へ相談する場合は、約2万から3万円の費用が発生します。
それだけの費用を支払うだけで、借金の20%から30%を減額し、今後の利息を発生しないような契約を結ぶことが出来ます。
2万か3万の出費でこれだけの効果を得られるなら、かなりお得だと言えるでしょう。
ただし、司法書士へ任意整理を依頼するのは、借金が少額の場合のみです。
借金が300万以上あるなら弁護士へ依頼する必要が出てきます。
弁護士に任意整理を依頼すると、費用は8万から12万円ぐらい掛かります。
事務所によって金額は違うので無料相談の際に確認してみましょう。ホームページ等にも記載されているので参考にしてみてください。
ちなみに、複数の消費者金融に借金を行っている場合は、一つの会社に付き、数万円が掛かるので覚えておきましょう。
例えば、3社に借金している状態で司法書士へ任意整理を依頼すると、約6万から9万円となります。

 

次に個人再生ですが、司法書士と弁護士のどちらへ依頼しても、20万から30万の費用がかかります。
そんな大金が無いと即答する声があると思いますが、個人再生は借金の80%を減額します。
30万の出費で、1000万の借金を200万に出来るとしたら価値があると思わないでしょうか?
事務所によっては後払いも受け付けているので相談してみましょう。
この個人再生は認められる条件が複雑なので、該当するかどうかは弁護士の人に確認を行うのが大切です。誰でも無条件で利用できないので要注意です。

 

最後に自己破産ですが、こちらも依頼する相手に関わらず30万前後の費用が必要です。
借金をすべてチャラに出来ることを考えれば、妥当な出費だと考えて捻出しましょう。
自己破産を申請した瞬間に、借金の取り立ては停止するので費用を貯める余地はあります。

 

一つ助言するなら、費用が無いから借金の整理が出来ないと考えるのは早いです。
国が運営する法テラスに相談すれば、費用を立て替えてもらうことも出来るので、まずは弁護士や司法書士、法テラスへ相談してみましょう。
借金が無くなれば少しずつ貯金していくのも出来るはずです。